短小の原因は遺伝だけではない!正しい方法を使えば、短小は改善できる

短小は遺伝による影響が大きいと言います。
では、父親が短小なら、その子供が確実に短小になってしまうのでしょうか?
結論から先に言えば、そんなことはありません。

 

確かに、ペニスのサイズはDNAによってどの程度の大きさになるかが決められてはいます。
ですが、ペニスの成長過程での環境や生活習慣などによってペニスのサイズも変わってきます。

 

その理由は、ペニスの成長には男性ホルモンや成長ホルモンが大きく関係しているからです。
これらのホルモンの分泌量は生活環境によって変わってきます。

 

短小,遺伝

 

思春期、特に二次性徴の期間の過ごし方によって、ペニスの大きさは大分変わってきます。
ですので、一概に遺伝でペニスサイズが全て決まるとは言い切れないのです。

結局のところ、ペニスサイズとは遺伝と生活環境で決まってくると言えます。

正しい生活習慣というのは1日8時間決まった時間にしっかりとること
栄養のバランスの取れた食生活をとることが大事です。

 

遺伝だからと諦めるのではなく、チントレなどしてビッグなペニスを手に入れましょう。